editorial

RAF SIMONS “ Closer ” Mods Coat 2003-2004

RAF SIMONS “ Closer ” Mods Coat 2003-2004

イギリスのロックバンドNew Orderの「Technic」とJoy Divisionの「Unknown Pleasures」のアートワークがペイントされたモッズコート。印象的なこれらのアートワークはRAF SIMONSの盟友であるPeter Savileによってデザインされております。メンズ・モードの世界でこれほどまで大胆な音楽×アート×服の融合は前例がなく、当時のファッションシーンにおいて大きな衝撃を与えました。

そもそも「モッズコート」とは、1951年にアメリカ陸軍に採用された防寒用のコートのことであり、大量のサープラスがイギリスに渡ったことにより、当時の「モッズ」たちがスーツの上に着始めたことで「モッズコート」と呼ばれるようになったと言われております(諸説あり)。映画「さらば青春の光」(1979)でも描かれていたように、当時のモッズたちは行き場のない怒りや閉塞感、絶望感に打ちひしがれながらも、仲間と共にスクーターを走らせ、ドラッグやダンスに明け暮れて時代を生き抜いてきました。つまり「モッズコート」とは、RAF SIMONSがこれまで一貫して描いてきたテーマである「ユースカルチャー」の象徴でもあり、そこに共鳴する音楽・アートの断片がパッチワークされたことでRAF SIMONS独自のストリート的感覚が見事に反映され、現在に至っても高く評価されているのです。

読み続けて
Language
Japanese
Open drop down